ハワイスクープ

最高級のコナコーヒーを飲んでみた。

LeaLea Marketがリニューアルしました。
担当のさやえんどうから、さっそく提案がありました。

さやえんどう「コナコーヒーの最高級といわれている、
エクストラファンシーコーヒーをPRしてください!」

なんですか、それは。

さやえんどう「これです」
ロバート・リード・コーヒー農園
コナコーヒー最高級エクストラファンシーコーヒー(198g)やそうです。

どう最高級なのですか?

さやえんどう「ちょっと語っていいですか?」
お、お願いします。

さやえんどう「コナコーヒーの中でもエクストラファンシー豆は、
赤く熟したコーヒーチェリーは大きく艶があります。
世界のエクストラファンシーのグリーンビーンズの豆の大きさは、
キリマンジャロで6.8ミリですが、
コナコーヒーのエクストラファンシーは7.6ミリ」

おお、でかい!
さやえんどう「世界三大コーヒーの規格の中でも一回り大きいものを選んでいます。
また、ハワイ島のコナコーヒーが成長している場所は、
コーヒーベルト地帯と呼ばれているところで、
コナコーストのママラホアハイウェイ両側の斜面に位置し、
標高300〜800mの地帯です。
この限られた地域がコーヒー生育の条件を満たした場所で、
非常に希少価値が高いのです」

なんか、専門家みたいですな。
さやえんどう「勉強しましたからね。
ではコーヒーベルトを地図で調べてみよう!」

この地図はちゃちいですな。
さやえんどう「うるさいわね!」
失礼しました。

さやえんどう「せっかく最高級のコーヒーが試飲できるんだから、
コーヒーの淹れ方にもこだわってみましょうよ!
どう淹れたら一番おいしく飲めるのかな?」

というわけで、
今回は全日本コーヒー協会のサイトを見て、
ペーパードリップ式のおいしいコーヒーの淹れ方を真似てみることにしました。

1. 器具とコーヒーカップをあらかじめあたためておく。
2. ペーパーフィルターのシール目を交互に折り曲げ、ドリッパーにセット。
3. 定量分の粉(1杯あたり10~13g)を計量カップで計り入れる。
  ※ティースプーンなら山盛り3杯が10g。
4. 沸騰した湯を少し落ち着かせてから、
   粉全体にゆきわたるよう少しずつゆっくりと注ぎ、蒸らす。
5. 粉が膨張したら、泡が消えないうちに、1回または数回に分けて湯を注ぐ。
6. コーヒーがポットに落ちれば出来上がり。

さやえんどう「これを社内のコーヒー通に飲んでもらって、
感想を書いてもらいましょう」

というわけで、いろんな人に飲んで感想を書いてもらいました。

いつの日かいつし「強いコクと酸味・風味があり、甘い物との相性がばっちりです」

ボス山「普段スターバックスの濃いPike Place Roastばかり飲んでいるので
程よい酸味があって、良い香りがする、
このコナコーヒーはとても美味しく頂きました。
いつもブラックで飲む派の私ですが、後味もすっきりしているので、
何杯でもおいしく飲めそうなコーヒーです。
特別な日とかに、ゆっくりと自分でコーヒーを煎れて、
香りも楽しみながら、また飲みたいなーと思います」

さやえんどう「通常のコナコーヒーに比べ、コクがあるように感じました。
また、苦味もほどよくあり、濃いコーヒーが好きな私にはとても飲みやすかったです。
ミルクを入れてのんでもおいしいかと思います」

アロハ3104ショージ「・焙煎が深いようで強い風味と濃い味が楽しめる
・ハワイのクッキーやチョコと合わせれば、よりそれらの味が引き立つのでは
・マイルドに楽しむなら水出しでも良さそうな」

わたなべっと「甘みがあって、後味がすっきりしていて飲みやすいですね。
アイスコーヒーにしてもGOOD です。
エクストラファンシーは甘みが有って、飲みやすいですね」

みなさん、肯定的じゃないですか!
さやえんどう「だって、美味しいもん」

というわけで、以下のページからお求めください▼

ロバート・リード・コーヒー農園
コナコーヒー最高級エクストラファンシーコーヒー (198g)

さやえんどう「上記ページからもお求めいただけますし、
お電話一本でワイキキホテルのお部屋までお届けいたします」

電話番号/784-3474
配達料/$9.99

さやえんどう「っていうか、あれ? このページのモデルって、あの子?」
そうなんですよ。
これ、
LeaLeaショッピングライブを紹介してほしい!
の取材の時に撮った写真なんですって。

facebookでコメントする

Return Top