ハワイスクープ

スパムだらけ!16年目のワイキキ・スパム・ジャムに行ってみた、の巻

スパム祭り!ワイキキ・スパム・ジャムであれ食べたい、の巻でご紹介した第16回ワイキキ・スパム・ジャムに行ってきたんです。
(私いいかおりは、ワイキキ・スパム・ジャムが始まる前からハワイに住んでいますが、このイベントに行くのは初めて!)
スパム缶とスパムむすびキャラに、このイベントに訪れていたミス・ハワイ・チャイニーズ(左)とミス・チャイナタウン・ハワイ。

カラカウア・アベニューで開催されていたワイキキ・スパム・ジャムですが、まずはそのスタート時間よりちょっぴり前に行われていたメディア向けサンプル会場へ。
なんのサンプルかというと、ストリートの各屋台で販売されていたスパムを使ったスナックの数々。
スパム好きには堪えられないはず。スナックだけでなく実は……
すでにご紹介したスパムマフィン、正式名称スパムモンキーブレッドを含むスイーツもあったんです。
スパムが入ったスイーツ……これはちょっとチャレンジ精神が必要かも?
生まれも育ちもハワイのローカル数人に「どう?」と訊いたところ、「スパム入りのスイーツなんて! ありえない」とか、「中にスパムを入れただけだろう?」なんて。

日本人が「魚肉ソーセージ入り(とかシーチキン缶とか。あくまでたとえです)のスイーツ」って聞くようなものでしょうか?
中にはどこらへんにスパムが入っているのかわからないものもあったりして。
(なんでもトウモロコシにかかっていたパウダーに入っていたそう)

ではサンプル会場を出て、カラカウア・アベニューへ!
シーサイド・アベニューからリリウオカラニ・アベニューまでのカラカウア・アベニューがイベント会場です。
ワイキキ・スパム・ジャムは16:00〜22:00の間に開催されます。16:00を少し過ぎたところです。すでに人がいっぱい。
スパムグッズがいろいろと。(ついでにスパムとはあんまり関係なさそうなムスビーニーなんて生き物たちも)
スパム好きには見逃せないアイテム! って、確かに多くのハワイの人々、スパムを食べるのは好きですが、スパムグッズまで欲しいかは、う~ん、どうなんでしょう。
グッズよりもやはり、本物のスパムむすびが売れていました。
ローカルにとってはつい食べたくなるいつもの味。
スパムを食べ慣れていないアメリカ本土やヨーロッパからの観光客には、あちこちで売られているし、ガイドブックやWEB、SNSでも見かけるし、トライしやすいスパムメニュー。
ステージも3か所に設置され、地元ミュージシャンや、有名フラハラウなんかも登場。
こちら( ↑ )はなんと琴とコンテンポラリーミュージックの融合。写真を撮る人がかな~り多かった!
可愛くてしかも上手い! 見ていて楽しい子供とティーンのフラ。
ちょっと食べたり飲んだりできるテーブルもあったりして便利。
ん? 行列が。スパムメニューの屋台より人気があるような……ファーマーズマーケットなどでも見かける、椰子の実ジュースのお店もありました。
買おうかな、食べようかな、なんて迷いながら歩くのも楽しいもの。

記念にTシャツを買っていく人、結構いました。
一番長い列が出来ていたように見えたのは、こちらのスパムスライダー(スパムバーガー)。
アメリカ人はバーガー好き(バーガーじゃないけど)。そしてビーチ前でのBBQ。これはそそられます。
こちらのスパムむすび……型せっけんも人気でした!

【レアレアトロリー】7日間乗り放題レギュラーパス

facebookでコメントする

Return Top