ハワイスクープ

ワヒアワのヤシの並木道へThe Busで行けるのか?

デュークスまみ「ワヒアワのロイヤルパームドライブにTheBusで行きたいです。
マウイマイクスまでは、何度かTheBusで行ってますが、
そこから徒歩でロイヤルパームドライブまでは、ちと遠そうです。
バスが利用できるなら、最寄りのバス停までの行き方調査をお願いします」

これまたマニアックな調査依頼ですね。
ロイヤルパームドライブというのは、簡単に言えばヤシの木の並木道です。
(Royal Palm Drive)
その昔、このあたりにはプランテーションマネージャーの家が並んでいて、
その家へ続くヤシの木の並木道がけっこうあったそうです。

現在残っているのはこの道だけ。

wahiawa_map_new

ワヒアワのマウイマイクスへ向かうTheBusは紹介したことがあります。

TheBus でマウイマイクスへ行く方法を教えてください

その時は52番のバスをご紹介しています。
が、52番はそのままノースショアへ向かってしまうので、
今回は使えません。

62番に乗らねばなりませんね。

2015070201

というわけで、10:42 ワイキキから13番のバスに乗り…

2015070202

ホノルル・ハレ(シティーホール)の近くにある、
バスターミナルへやってきました。

bus

62番のバスはここが始発なのです。

2015070203

始発なのでガラガラです。

TheBusは冷房が効きすぎているので、寒いと思ったら、
一番後ろの座席に座りましょう。
一番後ろの座席はエンジンの上にあるためか、すんごく暖かいです。

62番バスは、ホノルル国際空港の前を通り、パールリッジへ入ります。

2015070204

と、パールリッジからパールシティへ入ったあたりから、
なかなか進まなくなりました。
どうしてかと思ったら、ホノルルレイルトランジットの工事をしているからでした。

ホノルルレイルトランジットについてはこちらをご覧ください▼

ハワイをモノレールが走る!?ホノルルレイルトランジット

そんなわけで、なんやかんやと時間がかかり…

2015070205

12:59
目的地へ到着。2時間以上かかってしまいました。
これなら、52番のバスでワヒアワまでやってきて、
ワヒアワで62番のバスを待ったほうがいいかもしれません。
(バスが走っている時間によるので一概に言えませんけど)

このバス停から、
北にあるロイヤルパームドライブまで歩きます。

2015070206

おお、背の高いヤシの木が見えています。
あれがロイヤルパームドライブっぽいですね。

2015070207

13:04
到達しました。
雨が降ってなかったら問題ありませんね。
(このあたり雨がよく降るみたいなので天気予報は要確認です)

オアフ島の天気(英語です)

では、ご覧いただきましょう。
ヤシの木の並木道です▼

2015070208

いやしかし、なんで、こんな並木道があるのか。
でもって、もうひとつ気になるのが…

2015070209

煙突を持つ家が多いことです。
調べたら、こちらの理由はすぐに分かりました。
このあたりは高度があるので、夜になると冷えるそうです。
そんなわけで、暖炉を持つ家が多いのです。
暖炉の煙突なんですね。
なんだかハワイじゃないみたいです。

2015070210

並木ですが、これに関しては、いいかおりが調べてくれました。

いいかおり「調べたっていうか、1998年7月20日の地元紙に載ってたの。
もう17年前よ。

なぜ、ロイヤル・パーム・ドライブという名前なのか?
ロイヤル・パームに深い意味はない。
ロイヤルというと、荘厳かつ格好いいからそう呼ばれているに過ぎない。
なぜあのようなヤシの木が続く道路があるのか?
地元民に訊いても、もはや知っている人はいない」

2015070211

いいかおり「答を与えてくれたのは、
ワイパフにあるハワイプランテーションビレッジが
紹介してくれた一市民、シャーリー・エレントである。
彼女によると、この道路はもともと(たぶんドールの)
プランテーションマネージャーの自宅へ続く道だったとのこと。

『当時、プランテーションのマネージャーたちの自宅までの道は、
すべてこのようにヤシの木が続いていました。
そのほうが彼らの家をより豪華に印象深く見せますからね』

シャーリーの話では、(ロイヤル・パーム・ドライブ先の)
オリジナルのプランテーションマネージャーの家は、
つい最近取り壊されたそうだ。

ですって、もう家はないみたいよ」

2015070212

突き当たりには、新しい感じの家が建っていました。
昔はここにマネージャーさんの家があったんですな。

2015070213_new

並木道の一番上から後ろを振り返ってみました。
遠く、ワイメア山脈が見えています。
ここから見える山脈と並木の姿は当時とは変わらないわけです。

時間はかかったけど、来てよかったかも、と思ったのでした。

 

facebookでコメントする

Return Top