ハワイスクープ

アーミーミュージアムって何?

お2人から依頼をいただいております。
しいたけ「ワイキキにあるアーミーミュージアムって何ですか?
無料で入れるって聞いたことあるんですけど、どうなんでしょう?」

カニはやっぱり越前ガニ「アーミーミュージアムの中が見たいです。
見るべきな場所でしょうか?」

まず最初に、アーミーミュージアムとは何か。
場所は、ワイキキのど真ん中にあります。

201406fort

ハワイ・アーミー・ミュージアム
Hawaii Army Museum Society
日本語に訳したら、ハワイ陸軍博物館です。

2014062101

もともと要塞だった施設を、そのまま陸軍の博物館にしてあります。
意外と知られていなかったりしますが入場無料です。

2014062102

ぱっと見た感じ、そんな博物館があるように思えません。
知らない方も多いです。

でもって…

2014062103

戦車が置いてあったりします。
これは、アメリカ陸軍の M24 です。

M24 は軽陸軍です。
が、さらに小さい戦車が隣に並んで置いてあります。

2014062104

日本の九五式軽戦車です。
M24 の主砲が75mmなのに対して、こちらは35mmしかありません。
よく、こんなので戦ったもんです。

…と、そんなことよりも中ですね。

では、中へ入りましょう。

2014062105

2014062106

日月が休みです。
そして、繰り返しますが、入場無料です。
いいかおり「無料だけど、入口に募金箱があるんですよね~。
集まった募金は博物館の運営費用に充てられます。
見てると、アメリカ人観光客の方はたいてい多少、入れてます。
心ある方なら、やはり最低1ドルは入れてほしいような気がします」

2014062107

もともと実際に要塞だったところを博物館にしてあります。
なので、なんだか妙な空間です。

2014062108

展示は、ハワイの「軍」の歴史から始まります。
ハワイを統一する前のカメハメハ軍が、
欧米人たちから「武器」をもらったあたりからスタートします。

2014062109

そして真珠湾攻撃。

2014062110

その後の日本との戦いがちゃんと展示してあります。
残念ながら全部英語なので、
歴史を知らないとわけがわかんないかもしれません。
ただ、リアルな情報があるので、見るべしやと思います。

さてさて、
このミュージアムは今年に入ってから改装されています。
改装のポイントは…

2014062111

日系人部隊の展示のようです。
日系人部隊とは、
第二次世界大戦中にアメリカ軍の一員として戦った日系人たちの部隊のことです。

写真のダニエル・イノウエさんは、
戦争で右腕をなくし、
そして戦後、
アメリカ上院議員、上院仮議長にまでのぼりつめられた日系人です。
アジア系アメリカ人としては最高の政治的地位ですね。
もうお亡くなりになられています。

いいかおり「ダニエル・イノウエさんは、
ハワイでもとっても尊敬されていた大きな存在です。
告別式ではオバマ大統領から、その人物像や
功績を称えられるとともに、

「アメリカ社会の主流出身ではない自分が
人生で何を成し遂げられるか。彼からヒントを得た。
彼がいなければ、私は政治を志すこともなく、
いまこうして(大統領として)ここに立っていないだろう」

と、個人的にも最大の賛辞を捧げられました。

2014062112

開戦時にアメリカ軍に在籍していた日系人たちは集められます。
それが、100大隊。
「自分たちはアメリカ人だ!」
と志願した日系人たちで構成されたのが、442部隊。

細かくかくとややこしいので省略します。
とにかく、それらの日系人部隊はヨーロッパ戦線に送られ大活躍します。

2014062113

戦争映画なんかではほとんど取り上げられていませんが、
勲章の数は日系人部隊が一番多かったそうです。

2014062114

展示は、朝鮮戦争、ベトナム戦争、と続きます。
それ以降の戦争については、
日系人軍人の活躍を紹介する際にちょろっと語られている感じです。

2014062115

と、このミュージアムが
実際に要塞として機能していたころの模型がありました。

こんなに盛り上がっていたのか。
っていうか、今も盛り上がってるってことか?

気になったので外へ出てみました。

2014062116

この博物館は、海側から見ると、
今も盛り上がった丘のようになっていました。


本当はもっとゆっくり見学してきました。

時間があればぜひ!

 

facebookでコメントする

Return Top