ハワイスクープ

Manoa Falls/マノアフォールズへ行きたい!

ナナクリ「マノアフォールズへ行ったことないので、連れてってください」
マノアフォールズというのは、ワイキキから見える山の手前にある滝です。
2015年に一度紹介しています▼
マノアの滝/マノアフォールズへ行こう
久しぶりなので行きますか!
でも、へなしゅんはクルマを運転することができません。
ナナクリ「レンタカーを借ります!」

というわけで、ナナクリ一家とマノアフォールズへ行くことになりました。

左/ナナクリ 中/ナナクリの娘 右/ニヒルなダンナ

ナナクリ「マノアまでわたしが運転しますからね!」
安全運転でお願いいたします。

前回も紹介していますが、もう一度。
マノアフォールズは、
ワイキキからハワイ大学を越えて北へ向かって走ったところにあります。

駐車場にクルマを停めて、山の中を歩いて行きます。
ナナクリ「駐車場は $5.00 でした」

このあたりは、ワイキキではまったく見かけない蚊がいっぱいいます。
虫除けスプレーを忘れずに。

行ってらっしゃーい。
09:23

orengeline6
パラダイスパーク!
orengeline6

へなしゅんは留守番です。
その間に、前回の記事では紹介できなかったこの周辺について、
いろいろ取材してみることにしました。

まず、駐車場のすぐ横にあるパラダイスパークなる建物。
上には、
Treetops Restaurant という森の中なレストランがあるんですけど……

下はどうなっているのか?

フラグッズのお店なんかが入ってました。

おお、これはフラの道場ですかな。

どこも閉まっていて静かやったので外に出てきました。

orengeline6
マノアフォールズトレイルの入口
orengeline6

マノアフォールズに向かって少し歩いてみました。

ここを歩くのは随分久しぶりです。

と、立派なゲートができていてびっくりしました。
マノアフォールズの入口です。
2015年1月の記事当時は、壊れた鉄柵みたいなのしかなかったのに。

コースも丁寧に説明してあります。
往復……2時間!
全然すぐではありません。
でも2時間もかかったかなあ。。。


前回の記事では片道約35分と紹介しています。
いろいろ眺めながら歩いたら往復2時間くらいかなあって感じでしょうか。

orengeline6
ライオンアーボリータム
orengeline6

このゲートを通り過ぎて山へ向かう道があります。

そういえば、この先は登ったことがなかったかも?
と思い、ちょっと歩いてみることにしました。

なんだか工事中の家がいっぱいあって……

でもって、奥にはクルマがたくさん停まってました。

なんじゃここは!

ハワイ大学が関係する大自然公園って感じの場所でした。
ライオンアーボリータム、ライオン樹木園です。

帰ってきてから調べました。

創設1919年(日本は大正8年)
ハワイのサトウキビ農園主協会から招かれた植物学者ハロルド・ライオン博士が、
マノアの谷間に研究施設をつくったのがはじまり。
森林の手当てや復活などを研究し、成功。
1972年には一般公開されるようになったそうです。

へなしゅんがハワイへ上陸したのは2000年。
当時からあったのか!
知りませんでした。

orengeline6
ナナクリ一家のレポート
orengeline6

ナナクリ一家が約2時間後に帰ってきました。
やっぱりそれくらいかかるのか、と思いきや、
道を間違えたと言います。え?

ナナクリ「ゲートの説明をよく見ずに、そのまま道を登ってしまったんです」
え?
ライオンアーボリータムの方へ行ってしまったってことですか?

ナナクリ「なんだかよくわからないまま、どんどん上がってしまって」
は、はあ……

ナナクリ「これ、なんですかね? レフアですかね?」
申し訳ございません。
へなしゅんは、植物に強くないので答えられません。
でも、それより、マノアの滝は?

ナナクリ「それはそれで楽しくて、記念撮影をいっぱいしてきました」
そ、そうですか。

ナナクリ「もう一度出直しです!」
レポートになってるようななってないような。。。

ナナクリ「前評判で、マノアは必ず朝雨が降るから、
靴は泥だらけになり、雨合羽は必要。 
そして帰りは必ず滑る……と、聞かされていました。
ところが、この日は用意して雨合羽の出番もなく、
そして泥濘もなく、楽しめました」

よかったですね。

ナナクリ「到着しました!
滝に行くまでは、大きな木々や、竹林ありと、
自然の偉大さを肌で感じられました」

ナナクリ「泳いでる人がいっぱいいました。冷たそうです」
っていうか、
菌がいっぱいやから泳がないようにって注意書きがあったでしょ?
ナナクリ「そうなんですね。ちゃんと注意書き読まなくちゃダメですね」
道を間違える人が言わないでください。

ナナクリ「とってもステキな散策でした。楽しかった」

ナナクリさん一家が戻ってきたのは、11:30 ごろでした。
ナナクリ「最初間違えた事、我が家全員よかったと思ってます。
次回はそれを承知で、じっくり散策したいと、
B型一家、珍しく意見一致しました」

facebookでコメントする

Return Top