ハワイスクープ

深夜のハレマウマウ/ボルケーノ国立公園 

前回のつづきです。
ボルケーノ国立公園の敷地内にある、ボルケーノハウスに宿泊しています。

ここは、
現在、噴煙をあげているハレマウマウ火口を見下ろす位置にあるホテルで、
標高1000mあたりにあるため、けっこう冷えます。
みうらや製麺社長「大丈夫。寒くない!」

ジャガーミュージアムのほうが噴火口には近いですが、
こちらは宿泊施設です。
火口を見ている部屋からは一晩中噴煙を眺めることができます。
みうらや製麺社長「国立公園の中に泊るんですね」

夜になり、ハレマウマウの噴火口を見に行ったのですが……

ええええええ!
残念ながら、噴火口はまだ雲をかぶっていました。
みうらや製麺社長「よく見えないですね」
無念です。いつまで雲をかぶってるんでしょうかね。
みうらや製麺社長「まあ、しょうがないんじゃないですか」

雨も降ってるし、ボルケーノハウスの中で大人しくしていました。

が、雨はちっとも止まず、そのまま夜中になってしまいました。
23:00 をすぎるまで待ちましたが、
しょうがないので大人しく寝ることにしました。

そして、夜中。
04:00 に目が覚めたので表を見てみると……
※へなしゅんは早起きなのです。

おおお、とっても明るい!
っていうか、噴火口が見えています!

素晴らしい! 
噴火口は真っ赤な煙を吹き上げていました。

みうらや製麺社長を起こしました。

みうらや製麺社長「おおお! 見えていますね。
ちょっと動画撮ってきます!」

みうらや製麺社長はデジカメを持って外へ出ていきました。

見れてよかった。。。
誰もいないロビーで、1人ほっとするへなしゅんでございました。

朝日が出るのを待ち……

火口をもう一度確認しました。

みうらや製麺社長「キレイに火口が見えていますね。最高」
よかったっす。
みうらや製麺社長「今日はどこ行くんでしたっけ?」
アメリカ最南端の岬へ行きます。
みうらや製麺社長「サウスポイントですね」

06:34
ちょっと早いですけど出発しました。

フットプリントを見るためです。
みうらや製麺社長「昨日、確認できなかったところですね」
はい。

ボルケーノ国立公園の入口から西南へ約12分。
クルマ3台ほどを停めれそうな駐車場に停車し……

フットプリントへと続く小道を歩いてみることにしました。

……つづく▼

 

今回はアラモレンタカーを借りました▼

facebookでコメントする

Return Top