ハワイスクープ

LeaLeaデザートビュッフェを味わいに、の巻

チャドA「LeaLeaデザートビュッフェの良さが、いまいち広まっていない気がするんです」
あら、実は私もよく知らない……ので、それではさっそくモアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパへ。
ワイキキで一番長い歴史を誇る、通称「ワイキキのファーストレディ」。
クラシカルな白亜の館。
正面玄関からロビーを抜けて……
中庭手前の受付へ。
「LeaLeaデザートビュッフェに来ました」
と、あらかじめ持っていた参加券を渡します。(この場での購入はできません。
日本の各H.I.S.支店や、ハワイのLeaLeaラウンジLeaLeaステーションなどで前もってお申し込み、ご購入くださいね)

会場は、その日によって、ラナイ(デッキ)エリア(「ヴィンテージ1901」)の場合と、
室内の「ザ・ベランダ グランド・サロン」の場合があります。
「ザ・ベランダ グランド・サロン」は、受付奥の……
お客様がたくさん座っていらして写真が撮れなかったのですが、一番左手のラナイの奥に
窓があるのがおわかりでしょうか? あそこなんです。中はこんな感じ。
(↓ ホテルからいただいた写真です)
ですが、風と日陰がなんとも心地よい今日は、ラナイエリアでのデザートビュッフェになっていました。
バニヤンツリーに、プールに海、を眺めながらの午後のティータイムなんて、とことん贅沢!
このLeaLeaだけのデザートビュッフェが開催されるのは、原則として月・水・金曜日(一部除外日あり)。
こんな素敵な空間で、選び放題のデザートビュッフェなんて、真剣に幸せすぎます。
受付時間は、14:00~15:30。終了時間は16:00です。

14:00きっかりに行ったところ、「お好きなお席にどうぞ」と。わーい。
でも、そういわれると、かえってなかなか選べなかったりして。

席に着いたら、さっそく……
どれにしよう!? もちろん全種類、何度でもいただくことが可能です。
あら、ハワイといえばビーサン。なんてカワイイの。思わずアップで。
SNSにアップしたくなっちゃいますね~。
デザートの種類は季節や日によって変わることがあります。

コーヒーまたは紅茶は自分で取りにいきます。
紅茶もいくつか種類がありました。緑茶まであったりして。
まずはひと皿め。
左上から時計回りに、フレンチマカロン、カフィアライム(コブミカン)パンナコッタ、ハウピアケーキ、コナコーヒーブラウニー、です。

チョコレートマカデミアナッツケーキや、マンゴームースケーキ、
パイナップルチーズケーキなど、ハワイなフレーバーが用意されているのが楽しみのひとつ。
プチアサイボウルなんていうのもありました。

かな~りグルメ都市になってきたハワイではありますが、デザートに関しては、
ザ・アメリカン! で、ケーキの食感がモサモサしていたり、
砂糖がジャリジャリいうような(!?)そんなスイーツもまだまだ
少なくありません。ま、それはそれでいいんですけど。
(そういったアメリカならではの味がなくなってしまうのも、またさびしいですよね)

その点、LeaLeaデザートビュッフェに並ぶスイーツの数々は、ホテル専属日本人パティシエールが手がけたもの。
甘さやや控えめ。風味が繊細。日本人の舌には嬉しい味なんです!
(後日追記: 現在2018年7月は、日本人パティシエールではなく、ホテルパティシエが作っているそう)
ワイキキで、バニヤンツリーや海を感じながらの、絶妙デザートビュッフェ。
ゆったりと……。ハワイのリアル景色とともに、日本テイストのスイーツ、
まさに至福の時間。
さ~て、ふた皿目を取りに行こうかな~。

皆さまもぜひお試しになってみては。

ちなみにゆったりゆっくりできない、せっかち丸出し体質のへなしゅん編集長は、今回出番ナシでした~。

facebookでコメントする

Return Top