ハワイスクープ


重要なお知らせ
【2021年12月3日】
諸事情により一時休載いたします。

ザ・カハラ・ホテルのフォトジェニックスポット、の巻

ひとときマダム「一度ステイしたかったカハラホテルに近々泊まります。
カハラホテルに1泊、ワイキキのホテル3泊です。
1泊中たくさん写真を撮りたいので、フォトスポットを教えてください」

ザ・カハラ・ホテル&リゾートといえば、プライベート感のあるホテル前ビーチ。
中庭エリアで泳ぐトロピカルフィッシュにマンタレイ、ホヌ(ウミガメ)にドルフィン。
優雅なベネチアンガラスのシャンデリア下でいただくアフタヌーンティーなどを思い浮かべます。アフタヌーンティーは観光客のかたはもちろん、ローカルのマダムや女子からも大人気。
ちょっとした集まりや、お誕生日会、ベイビーシャワー(出産を控えた妊婦さんを囲んでのパーティー)などの場所として選ばれます。
厳選されたルーズリーフティー、フィンガーサンドイッチ、ペストリーとともに、高級リゾートならではの特別感が味わえるんですよね。
このアフタヌーンティーが入った写真、あるといいかもです。
アフタヌーンティーは、ザ・ヴェランダで14:00~17:30。

そして、このシャンデリアの下での1枚は必須かと。ホテルのエントランスを入った優雅なロビーです。
海を越えてハワイのビーチに流れ着いたガラスをイメージしているというベネチアンガラスに彩られたシャンデリア。

このロビーの奥のドアを開けると、そこはラナイ(デッキ)。こんな中庭の景色が広がります。
ラナイ自体も絵になるんですが、撮影時はお客様がいらしたのでカメラを向けられず。
もう少し右寄りになると、ビーチと海がバーンと見渡せます。
リゾートホテルならではの絵柄です。ぜひご自身でご覧になってみてください!

ロビー階から下に降りると……
ビーチとビーチに面したレストラン「プルメリアビーチハウス」。
(プルメリアビーチハウスのパンケーキについては以前へなしゅん編集長が記事にしています!)

オープンエアのこのレストラン、朝食、昼食時はとにかく景色と空気が気持ちよく、夕食は暗い海と海の音、そして灯りがロマンチック!
店内からも、店外からも、絵になる1枚が撮れそう。

この手前(ワイキキ側・西側)へ向かってビーチ沿いに歩いていくと……
小島があったりして、いい雰囲気。
ここを先へ進むと……あ~ら、木々の隙間から見える海がゴージャス!先端へ進むと、こんないわれのありそうな石が。
ワイキキビーチにあるワイキキの魔法石(The Wizard Stones of Kapaemahu)や、クカニロコ・バースストーン(Kūkaniloko Birthstones)を思い出してしまう。
(クカニロコ・バースストーンについても以前へなしゅん編集長が記事にしています!)
本当にいわれがあるかは不明ですが、なんだかハワイらしくて絵になります。
向こうに見えているのは、ワイアラエ・ビーチパーク。

ホテルの敷地を出なくても、スマホやカメラに収めたい景色だらけ!
そしてこの日はラッキーなことに、プルメリアビーチハウスのすぐ先に、ガゼボが出ていました。
これはウェディング用。ここでウェディングが行われる前、行われたあとに、ガゼボが置かれているのだそう。
セレモニーの飾り付けや参列席などが準備されているとき、準備完了の際はもちろん近づいてはいけませんが、ガゼボだけがポツンと残っていたら……ラッキー!
ちょっとお邪魔して、はい、1枚。
このガゼボ、2004年から2010年までアメリカで放映されていたドラマシリーズ『LOST』にも登場したんですよ~。
日本でもかなり人気の出た海外ドラマです。

さて次はビーチ沿いを、反対側の西・ハワイカイ寄りへ。
う~ん、寝そべりたい。
リゾートの醍醐味、ハンモック! ハンモックの上でも1枚撮ってみたいですね、自撮り系?
その先にはちょっとした岬が。
この日は風が強くて、ぴゅるるるる~。おそらくお座りになっていたこのおふたりも、頬に刺さる潮風が結構キツかったのでは。
一説によると、ここはプロポーズの名所とか。こちらでもぜひ1枚。

ここからホテルを振り返ると……
ホテルの全体像が見えて、ガイドブックのホテル紹介のような写真が撮れる……ハズなんですが。
この日は本当に風が強くて、やしの木だけじゃなく、ホテルまで傾いているように見えたりして。
岬を戻って、ビーチをさらに先に進むと、左手は、ソニーオープンが行われる名門ゴルフ場、ワイアラエ・カントリークラブ。
奥に見えるのは、ハワイカイです。
ワイアラエ・カントリークラブとは隣接しているため、ホテルの敷地から、こんなゴルフ場の1枚が撮れちゃいます。

さて、中庭に戻りましょう。中庭のラグーンへ行くと……
こんな近くで……
イルカちゃ~ん♡

このラグーンを取り巻くように建っている「ドルフィンラナイ」の客室に泊まると、夜、暗いラグーンから聞こえてくるイルカの水音がとても神秘的だと、実際に泊まった方から聞いたことがあります。

イルカのアクティビティもあるので、参加するのも楽しそう。
参加しなくても、アクティビティの最中は、スタッフの方がイルカに指示を出して水中ジャンプさせたりするので、シャッターチャンスも多いんです。
これは ↑ 以前、ザ・カハラ・ホテル&リゾートからいただいた写真。
こんなシーンに出会えるかも……!?

さて、隠れたフォトジェニックスポットがこちらの滝。
知り合いのローカルのご夫婦で、この前で撮ったウェディング写真をお持ちの方々が何組か。
こちらで結婚式を挙げる、または披露パーティーを行って、ここで記念写真を撮るのはお約束の模様。
縁起のいいスポットですね♡

さて、ロビー階に戻りましょう。
ロビー階につながるこの階段も、実は人気のある撮影スポットなのだとか。
ホテルのスタッフの方が教えてくださいました。

この階段に立ってパチリ。確かに絵になりそう。

撮りたくなる、残したくなるスポット満載のザ・カハラ・ホテル&リゾートですが、なんといっても一番のフォトジェニックスポットは……
宿泊した、そのお部屋ではないでしょうか!(写真は客室の一例です)
こ~んなお部屋や、
お部屋からのこ~んな景色(客室から見える景色の一例)。

至福のシャッターチャンス。

ひとときマダムさん、ぜひ、ひとときカハラマダムとなって、素敵な時間をお過ごしくださいね!

▼ザ・カハラ・ホテルの予約はこちらから▼
【QUALITA(クオリタ)】海外高級ホテル予約/The Kahala (ザ カハラ)

 

facebookでコメントする

Return Top