ハワイスクープ

カカアコのウォールアート(や、タンタラスも!)を見に行くツアー

カカアコのウォールアートを見に行くツアーというのが始まったそうです。

さっそく、いいかおりと一緒に視察へ行ってきました。3時間くらいのツアーやそうです。
出発はロイヤルハワイアンセンターのLeaLeaトロリー乗り場から。
LeaLea専用の小型シャトルバスで、ガイドもLeaLeaスタッフです。
本日のガイドは、アメリカ生まれの日本人、アモンしもんレモンです。

アモンしもんレモン「がんばります! 緊張してきました」
いつもと同じ感じでお願いします。
アモンしもんレモン「このツアー、4月から始まったばかりなんです」
がんばれ!まずは日中のタンタラス
このツアーのメインは、カカアコのウォールアートですが、
全部で3つのポイントをまわります。
ひとつ目はタンタラスの展望台です。いいかおり「道中もアモンしもんレモンくんがいろいろ説明してくれました。
たとえば……」
いいかおり「ここはオバマ元大統領が卒業したプナホウ・スクール。すぐ近くには、彼が生まれたカピオラニ病院や若い頃に住んでいたアパートメントもあります。
ここを過ぎると若干坂道に。やがて山側の住宅街を通り抜けてタンタラスの頂上へ」
いいかおり「箱根の道路のプチバージョン、って感じです。
(車酔いするほどじゃありません)」

タンタラスといえば、夜景ポイントとして有名ですが、
展望台は、2018年現在、昼しか行けないんですよね。

いいかおり「へなしゅん編集長が『展望台』と言っているのは、タンタラスの頂上にあるプウ・ウアラカア州立公園の展望台のこと。
夜景を見る時間帯に訪れるのは、そこへたどり着く手前、ラウンドトップ・ドライブ(Round Top Drive)の道沿いなんです。
プウ・ウアラカア州立公園は夜間は閉鎖となります」
手前の駐車場で降りて、山の中の小道を歩きます。

いいかおり「公園直前の駐車場は一般のため。ツアーバスはこちらの手前の駐車場と、州によって決められています。
緑の中を片道5分程度のお散歩。気分爽快です」
歩くこと数分。
いきなり視界が広がります。
いいかおり「眼福とはまさにこのこと! 写真右手の先が展望台。
ちなみに標高2,014 ft(614 m)です」

大阪からお越しの母娘さん。広島からお越しの母娘さん。いやあしかし、この日はほんまにいい天気でした。
ダイヤモンドヘッドも……ダニエルEイノウエ国際空港もくっきり見えました。
飛び上がるジャンボジェットも見ることができました。
アモンしもんレモン「これ、嬉しいですね」
ガイドが喜ぶなよ。
いいかおり「景色も撮影も充分楽しんだら、次は話題のエリア、カカアコのウォールアートです。そしておまけの一枚……」
いいかおり「シャトルバスの車中から撮った、夜景ツアーで訪れる付近からの写真です。
公園の展望台より若干低くなりますが、やはり広々とした絶景です」
カカアコのウォールアート
2つ目のポイントはウォールアートです。
2018年のウォールアートについては紹介させていただいてます▼
2018年版カカアコ地区のウォールアート/完成しました!

そのカカアコ地区のウォールアートを見に行きます。

いいかおり「タンタラスからウォールアートの場所までは、車で約2、30分です」

見に行くだけじゃなくて、まず
見所を紹介したアルバムも用意してあります。
アモンしもんレモン「私たちの手作りなんですよ」
(アルバムはお持ち帰りはできません)

いいかおり「それに加えてこのツアーには3Dメガネがついてきます。
(こちらはお持ち帰りです)
なんと2018年の新作アートの中には、飛び出る3Dアートもあるんです」
いいかおり「これ、飛び出る3Dアートのひとつです。
夜歩く、非業の死を遂げた古代ハワイの戦士、ナイト・マーチャーズの絵かと。
飛び出てこられると、ちょっとコワいかも(冷汗)」

まずは有名な一枚(?)へ。
いいかおり「最近はこの絵の前でウェディングの撮影をするカップルも少なくありません」
いいかおり「さまざまなアート。見ているだけでも楽しいし、激写や自撮りもぜひ♡」

アモンしもんレモン「私たちLeaLeaガイドが皆様の撮影のお手伝いをいたします」

いいかおり「カメラやスマホはご自身でお持ちくださいね♡」
いいかおり「この日はツアーの映像を撮りに来ていたビデオグラファーの方もいました」
いいかおり「見て、撮って、歩いて。
暑い日は、帽子やボトルウォーターをお持ちになるといいかも、です。日焼け止めも!」

いいかおり「今回は参加者全員、LeaLeaガイドと一緒にウォールアートを見て回りましたが、自由行動をすることも可能です。
カカアコに着いたらLeaLeaガイドがご希望をお伺いします。
自分たちで好きなアートだけ見たい。アートよりもカカアコでお茶したい。
そんな場合は約1時間後にLeaLeaガイドとの待ち合わせになります」

最後にマジックアイランド
最後にアラモアナビーチのマジックアイランドへ行きました。ここからダイヤモンドヘッドを眺めるのです。
こんなところからダイヤモンドヘッドを眺めることができるなんて、
ご存じない方は多いみたいですね。

ちなみに、この写真はマジックアイランドへ向かう途中で撮りました。
先端へ到達するともっと見えますよ。
(ツアーにぜひご参加くださいまし)

いいかおり「……と、老人を気取るへなしゅん編集長は途中でベンチに腰掛けて休憩。
他の参加者の皆さんとLeaLeaガイド、私は先端のほうまで行ってきましたよ~」
いいかおり「撮影にいい感じのこのあたりまでやってきました」
いいかおり「ちょうどヨットがやってきて、皆さん、カメラやスマホを構えました。
とてもハワイらしい風景写真になりそうです。

山と海(しかもそれぞれ人気のスポット)、そして最新タウンエリア。
これ、自力で全部、しかも1日で行こうと思うと結構タイヘンです。
まずタンタラスまでは車じゃないと無理。
ハワイの公共バス、ThuBusはタンタラスへは行きません。

それをスイスイッと、快適なシャトルバスで回れてしまう。
真剣に嬉しいツアーです」

facebookでコメントする

Return Top