ハワイスクープ

大人の飲み会 @ 焼鳥あんどう

最近、居酒屋や隠れ家的な大人のバーが増えているハワイです。
酒飲みに憧れる酒が飲めない女「プリリン」が大人の飲み会に参加してきました。

場所は焼鳥が絶品と話題の、カイムキに新しくオープンした「焼鳥あんどう」。

ちなみに、あんどうさんは、BYOBとのこと。
BYOBはBring Your Own Beverage.(飲み物各自持参)の意味で、お酒持ち込み可能なお店のことです。

いいかおり「逆にいうと、リカーライセンス(酒類販売許可)を持っていないお店のこと。お店の方針で持たない場合と、開店直後等で許可がまだ出ていない場合があります

さやえんどう「じゃあ、Beer Lab HI(ビアラボハワイ)でビールをゲットしてから行きましょう」

Beer Lab HI(ビアラボハワイ)とは、モイリイリ(ハワイ大学近く)にあるクラフトビールを取り扱っているお店です。

店内の様子などはこちらの記事でご紹介しています。

ビール研究室?!Beer Lab HI(ビアラボハワイ)

飲みたいビールをオーダーすると、その場で缶に詰めてくれるので、とってもフレッシュ。

さあ、このビールを持って、いざ「焼鳥あんどう」に向かいます。

カイムキの大通りワイアラエ通りから入ったところと聞いたんだけど…。
迷ってしまったので、現地で待ち合わせしていた、いいかおりに電話で確認しながら、ようやくお店らしきところに到着。
どうやらここのようです。

小さなサインがあるだけなので、一見ここにお店があるとは分かりません。

入口をはいると…。

大きな暖簾がありました。

店内は日本の居酒屋の雰囲気そのもの。
こんな隠れた場所にあるのに、平日でも満席です。
お客さんは日本人だけではなく、ローカルの方も多いです。

まずはお通しで、サラダとキムチが出てきました。

では、先ほどBeer Lab HIでゲットしたビールで…

かんぱ~い!
プリリンはお水で。

特にメニューは無く、すべて「おまかせ」となります。

最初にオーナーの安藤さんから、苦手な物を聞いてくれます。

さやえんどう「レバーと皮は苦手です」

オーナーの安藤さん「ちょうど今日は両方とも切らしているので大丈夫ですね」

安藤さんが一本一本丁寧に焼いてくれる焼鳥が順番に出てきます。

※以下、アロハ3104ショージ撮影

まずは「砂肝」。
こりこりして美味しい。

さやえんどう「私、実は砂肝はちょっと苦手だったー」

いいかおり「私も得意じゃないけど、このコリコリ感はなんだかイイ~」

こちらは「手羽」。
オリジナルのタレと薬味がいい味出してます。

いいかおり「ん~、言葉もなく満足」

そして「モモ」。

さやえんどう「私、これ美味しいー。一番好きかも!」

やっぱり炭火はいいですね~

変り種の「ベーコンと鶉の卵」。

アロハ3104ショージ「うぉっ熱っ」

さやえんどう「私、上あご火傷したかも…」

鶉の卵がアツアツすぎなので火傷にご注意。

こちらは「軟骨」。

アロハ3104ショージ「これ、上手いっす。一番好きかも」

「つくね」。
良く下ごしらえしてあってやわらかくて美味しい。

「ぼんじり」。

プリリン「これはマジ美味しい。私これ、一番好きかも」

「カウアイ島産のエビ」。

いいかおり「あら、これはまたおいしい。エビの身がとっても甘い」

さやえんどう「塩も凄く美味しい。どこのお塩使ってるのか気になる~」

アロハ3104ショージ「皮ごとイケちゃいますね」

プリリン「こんなに美味しいエビ、久しぶりに食べた!」

「牛肉」ぽん酢ソースで。

〆は焼きおにぎり。

やっぱり炭火で焼いたおにぎりは最高~。

ハワイに居ながら、グレードの高い焼鳥を食べることができて大満足。

実は「モツ鍋」も追加できたのですが、今回は焼鳥だけにしたから、チップも入れて、一人$35とってもリーズナブルでした。
ちなみに、その日の仕入れや、食べる量によって、1人$25~(お鍋も頼むと)$75などお値段に差があるようです。

めったに飲み会には参加しないプリリンですが、楽しかった~。
また誘ってねー。

「焼鳥あんどう」へは、LeaLeaトロリー「イーストディナーライン」8番停留所「ワイアラエ通り/12th通り」、および10番停留所「ワイアラエ通り/11th通り・シエラ通り」から徒歩数分です。

電話で予約してからお出かけください。

Yakitori Ando
(焼鳥あんどう)
  • 住所1215 Center St. Honolulu, HI 96816
  • 電話番号(808) 739-5702
  • 営業時間18:00 - 0:00

facebookでコメントする

Return Top