ハワイスクープ

ホノルルマラソン2018レポート、外人ショータの母さん編

ハワイスクープに視聴者レポーターとして時々登場いただく、
「外人ショータ」の母さんから写真が届きました。
なんと、ホノルルマラソンに初めて挑戦されたそうです。

写真を送っていただきましたので、ご紹介させていただきます。

右が外人ショータの母さんです。
若いですやん。

外人ショータの母「外人ショータの母です!
若くはありません、へなしゅんさんと同じ年齢です。
8年くらい前でしたかね!?
お会いしたときフルマラソン走るならホノルルマラソンとしゅんさんに話したら、
一日10キロ走ってるくらいじゃ、フルなんて楽しめない、きついだけですで。
やらんでええんちゃいます?と言われ、
そーか、大変か、無理か、そーだよなー、とか、見ないふりをつづけてきましたが、
歳も歳なので、走れそうなうちに走っておくか、とエントリーしました。
なんせフルもハーフも大会未経験、自己流極まりなく、
どう調整していいのかわからないもんで、
呑気に前々日はラニカイピルボックストレイル、
翌日はサーフィン、朝run夕飯runもしつつフルマラソンの朝を迎えました!」

めっちゃ長いコメントをありがとうございます。

さて、2018年のホノルルマラソンは、12月9日(日) に行われました。

スタートは早朝5時です。
外人ショータの母「当日は朝3時半に起床し身支度してから、まだ暗い外へ。
ホテルのエスカレーター降りたら、もうたくさんのランナーたちが歩いてて
実はスタート場所もなんとなくしか確認してないし、コースも見てなかったもので、
ぞろぞろ歩く人のあとをついていくしかなく……」

補足しておきますと、スタート地点はアラモアナセンターの前です。
これは、Kalakaua Ave を歩いて向かってるところですね。

そうそう、この季節は、
アラモアナセンターの2階にサンタクロースがいてくれてます。

外人ショータの母「スタートは、
自分のゼッケンと同じ色に色分けされたとこで待機します。
5時間から6時間でフル走れると思うと登録時申告してたのでわたしはオレンジ」

花火が上がると同時にスタートです。
動画を撮っていただいてますので、最後にご紹介させていただきますね。

外人ショータの母「たくさんの人の流れに乗り、
辿りついたスタート会場は、熱気にあふれちょっと暑い」

アラモアナセンター前からスタートして、まずはダウンタウンを目指します。
アロハタワーを見たらUターン。
ホノルルハレ(ホノルル市庁舎)のクリスマスツリーを見ながら東を目指します。

ホノルルハレのクリスマスイルミネーションはこんな感じ▼
クリスマスのホノルルハレを見たい! Honolulu City Lights

外人ショータの母「走り始めは混雑してる感じ。
必死に人を避けて走りやすい場所を選んで走りアラモアナへ。
ここを最初に計4回トイレ休憩しましたよ!
出ないのに出さないとならない気持ちになるって不思議。
行ったって最終的に出ないんだから、
行かない!と自分で決めるまで長くかかったこと」

しょ、詳細なご説明をありがとうございます。

外人ショータの母「それにアラモアナでのトイレ休憩は、
スタート前も前半戻ってきてからも必要ないかも。
抜けてからのトイレのほうがすいててキレイだし!」

お、これはいい情報かも。

外人ショータの母「カハラの坂道を登る、は、3月に試走したので、
距離とか傾斜とか、なんとなくわかってて、
さらに往路復路がが仕切られてて道幅狭く、
さらには向かい風ひどくなってきて帽子が飛ばされるランナーも!

登りはきついうえに、集団になれば激化する狭い道ならではの走る位置争い。
ここは負けん気発揮です。なんともスリルあって楽しかったですよ!」

ちゅうか、太陽が昇る前にこんなところまで!
早いですね。

Kalanianaole Hwy へ入りました。

外人ショータの母「坂道登りきって、
降りて道が大きく開けてくればおひさまの光溢れる道。
ホノルルマラソンの魅力は時間によって移り変わる空の色と、それに鳥の声。
さらに海が見えてきて光があふれて朝がくる、
全てを見られるのはとても感動的で、走ってて飽きない!」

ハワイカイまでやってきました。
まじで早い。
このまま行けば、4時間台も夢じゃないかも。

そしてなんと……

外人ショータの母さんはそのままスピードをキープし……
外人ショータの母「飽きないから先を目指す好奇心に満ちて、
楽しい気持ちでワクワクしたまま走れる。
ハワイカイをぐるりと回って、直線を走りきれば最後の坂へ」

ダイヤモンドヘッド前のゴールまで帰ってきました。
外人ショータの母「登りがきつかったぶん、下りの気持ちいいこと!!
しかしながら、この坂で、すっかり終わった気持ちになってしまって。
最後のゴールまでの直線が
すごーーーくながあーーーく感じ
左脚がピキッ、右脚がピキッ!!!」

では、動画をご覧ください▼

外人ショータの母「ゴールの瞬間は、やったね🎶終わった👍ホッ😊とした。遠方遥々走るために行かせてもらったからには、完走しないとねっ!!」

なんとタイムは▼

4:29:34

おー! 素晴らしい! 4時間台ですやん。

外人ショータの母「スタート時、
真っ暗な夜空に輝く花火はあっという間に後方に消えてしまったけど、
常に聞こえるたくさんの人のシューズの音、頰に当たる風、
空の色、鳥の声、時間の経過で移り変わる全てが美しく楽しく、
負けん気強いオババには楽しく心地よい時間でした。
勝手が分からず、給水もトイレも時間を無駄にした感は満載だけど、
今回はこれが全て。
42.195キロを堪能!!
しかしこれ、やみつきになります。
走るのだけじゃなくて、前後楽しすぎだもの」

お疲れさまでした。

そうそう、ホノルルマラソン2018については、こちらのレポートもご参照くださいまし▼
ホノルルマラソン 2018 レポート 前編
ホノルルマラソン 2018 レポート 後編

その日の夜は夕陽を眺めながらくつろがれたそうです。

ホノルルマラソンでは、ゴールの瞬間を撮影してくれるそうです。
ご購入された写真をお送りいただきました。
ありがとうございました。

facebookでコメントする

Return Top