ハワイスクープ

ハワイから消えていく場所たちレポート。

ハワイスクープを編集しているへなしゅんは、いくつか本を出しています。

協力してくださった出版マネジメント担当のおっさんから連絡がありました。
おっさん「日本の有名曲を、複数のハワイアンミュージシャンが、
ハワイアンと英語でカバーした初のコンピレーションアルバムなんだけど」

勝手に書き始めないでください。紹介するかわりに、何かレポートしてくださいよ。
おっさん「わ、わかりました……」

というわけで、
出版マネジメント担当のおっさんが、2019年3月に仕事でハワイ入りした際に、
ハワイから消えようとしている場所をいくつかレポートしてきてくれました。

キングスビレッジ

おっさん「数週間ほど前のこと。
ワイキキへ行ったら、キングスビレッジが消えてました」

本当に閉まってしまうんですね。なんだか寂しいです。
おっさん「中には入れません。で、ここには何が出来るの?」
WEBサイトで見た情報によると、
ヒルトングランドバケーションが32階建てのタイムシェアタワーを造るみたいです。
おっさん「ここに、大きなタワーが建つんですね」

おっさん「ホノルルマラソンに参加するために、約30年前に訪れた時、
友人と一緒に、ここで似顔絵を描いてもらったっけ……」

その時の写真はないんですか?

おっさん「だって、デジカメじゃなくて、フィルムの時代だよ。
そんなにたくさんの写真は撮ってない」

そうか。デジカメがまだない時代ですか。なるほど。
他の方撮影ですけど、昔の写真をご紹介してます▼
昔のハワイ/キングスビレッジの歴史編

クヒオ通り

クヒオ通りの一画もいろんな空間が静かになっています。

おっさん「若かった頃、このあたりに確か、
GUN SHOOT(ガンシュート)の店があった記憶が….」

この裏手にありましたね。

このライブハウスで、へなしゅんの息子が初めてライブに出演しました。
おっさん「え? っていうか息子がハワイにいたのは高校生の時でしょ?」
そうなんですよ。他のメンバーは大人でした。
おっさん「すごいねえ」

おっさん「エッチなビデオ店は最後まで健在だったのですね。さすがです!」
ここも行ったことあるんすか? さすがです!
おっさん「行ってないよ!」

カウアイ島のサトウキビ畑

おっさん「写真、これだけだと寂しいから……」

おっさん「カウアイ島へ行ってきたから、
サトウキビ畑がなくなってどうなってるか見てきました」

あ、それ、知りたい!

おっさん「初めてカウアイ島を独りでドライブしてきました!」
え? なんか寂しい旅。
おっさん「うるさい! サトウキビ農園がどうなってるか知りたくて、
カウアイ島の南エリアへフラッと行ってきたんですけど、
ここにはなんて会社があったんですか?」

確か、ゲイ・アンド・ロビンソン社です。ニイハウ島のオーナーですね。
おっさん「へえ」

おっさん「従業員だった?人たちの家らしきものが点在してました。
門の奥には、工場とそれらしきスケジュールが掲載されている看板があったりして、
数年前までは稼動していたことを感じさせてくれました」

昔は、この建物の周りにも、
背の高い緑のサトウキビが山盛りになってたのになあ。

おっさん「オフィスには人がいて、まだ何かやっているみたいでした」
働いてる人がいらっしゃるんですね。
おっさん「このプランテーションっていつ頃からやってたんですか?」
1892年やったと思うんですけど。日本の明治時代です。

出版マネジメント担当のおっさんが出した新しいCD

いろいろレポートありがとうございました。
では、新しいCDのPRどうぞ。

アルバムタイトル = 「ALOHA & MAHALO」

おっさん「日本の名曲を、100%ハワイ産で企画制作しました。
日本では、アマゾンジャパンのワールドランキングで1位を獲得したし、
お陰さまで、本年度(2019年)のハワイのグラミー賞とも称される、
「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」のファイナリストに選出されました。
本選は5月です。もちろん、出席してきます。
よかったら聴いてみてください。ありがとうございました」

facebookでコメントする

Return Top