ハワイスクープ

【リッツカールトンワイキキ】3ベッドルームとスタジオのお部屋をバケーションレンタルで、プレミアムなハワイステイ!

アロハ~!お手伝いのみゅうです。

先日は、リッツカールトンワイキキのペントハウスのレポ、させていただきましたが、
今回は、同じ「リッツカールトンワイキキ」の、3ベッドルームとスタジオの、バケレンのお部屋のレポ、させていただきます!

何しろ「リッツカールトンワイキキ」の建物・・ホテル(The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beach)も含め、全てのお部屋で、最高級のリッツ品質が保たれているというお話。3ベッドルームとスタジオのお部屋も、これは相当な期待大!なのです!
それにそれに、ペントハウスと同じく、ホテル(The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beach)のフロントデスクやコンシエルジュ、ハウスキーピング等のサービスは、ホテル客同様に使えるし、プール、ジムetc...の設備も、ホテル客と同じように使い放題!うんうん!良いじゃないですか~。

・・・というわけで再びやって参りました!

まずは、ホテル客同様The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beachのフロントデスクでチェックイン!

3ベッドルーム、#3405-DTのお部屋へ。。。34階です。イザ!

ドアを開けると、右側にひとつめのベッドルーム。クイーンサイズのベッドです。奥にバストイレ付き。

ベッドルームはガラス張りの引き戸で仕切れるようになっています。

そしてその奥に、キッチン&リビングルーム。

吸い寄せられるように・・・ラナイに出てしまうのは、私の習性でしょうか???

お~!ワイキキの町と海を一望ですっ!素晴らしいです~!

では、マスターベッドルームへ。。マスターベッドルームは、玄関からリビングに向かって左側。

廊下も素敵で、なんだかお家みたいですネ。

マスターベッドルームの、マスターバスルームです。ひろびろ~。大理石のバスタブが素敵!ハンドシャワーも勿論ついています。アメニティはここでも、リッツのもの。当然です。だってホテル、The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beachのサービスがついてるんですもの!

ブラインドを開くと、ベッドルーム越しにラナイが、そしてきっと海が見えるんですネ。。それも素敵。

マスターベッドルームは、キングサイズ・ベッドです。ベッドルームからもラナイに出られます。

ラナイからもほら!素晴らし~いワイキキの青い海!

こちらは、玄関からリビング向かって右側にある、もうひとつのゲスト・ベッドルーム。こちらも、キングサイズのベッドですね。

全てのベッドルームに、バス・トイレが、そして、テレビ、大きなクローゼットがついています。

このベッドルームにも、勿論ラナイがあります。

・・・そして素敵なのは、リビングとふたつのベッドルームのラナイはつながっていることです!写真、お隣がリビングルームのラナイ、その向こうはマスターベッドルームのラナイ。

3世代のご家族旅行でも、3組のグループの旅行でも、それぞれプライバシーが保て、そして同時に、ラナイで同じ時間を楽しめて・・・素敵な時が過ごせそう。。

さて恒例(?)の、キッチンチェックです。木目調のピカピカのキッチン。冷蔵庫は、ドイツ製の高級品、Mieleのものでした。

ディッシュウォッシャー、トースター、ブレンダーなどなど。包丁もたくさん。お皿やグラスはピカピカです!

最後に、リビングの奥からお部屋を振り返ってみましょう・・。真新しいフローリングの床。キッチンは、ペントハウスでも見た、木目調で統一されていて、ピカピカ!そう。この建物のお部屋は全て「リッツ品質」で統一されているんです。

・・・ちなみに、左の白いドアはゲストベッドルームに続いています。右側の白いドアはマスターベッドルームへ。キッチンの奥のガラスのドアの向こうは、最初に見たひとつめのベッドルーム。

言い忘れてましたが、リビングのソファは、クイーンサイズのソファベッドになります。なのでこの3ベッドルームのお部屋のベッド数は、キングサイズ2台、クイーンサイズ1台、そしてクイーンサイズのソファベッド1台の、計4台。

この3ベッドルームは、最大7人まで宿泊可能で、広さは 124㎡。広っ!

こんなおうちに住んでみたい・・「ようこそワイキキの私のお家へ!」な~んて!(妄想中。。)

 

さてさて、次に、スタジオルームも見せていただきます。矢次ぎ早でごめんなさいです。

お部屋番号は、#2709-DT。
ドアを開けると、左にバス、右がキッチン。機能的な造りです。

お部屋の奥から振り返ってドア側を見たところ。スタジオとは言うものの、ベッドルームとリビングは、可動式ドア(写真のガラス扉)で仕切れるようになっているしかなり広そう。普通のコンドミニアムのワンベッドルームくらいの広さはありそうです。

ソファは、クィーンサイズのソファベッドになります。

ベッドにしてみました。引き出すだけで簡単にベッドになります。マットレスも厚めで寝心地良さそう。。

こちらはベッド。ベッドはキングサイズです。シンプルでシックで気持ちよさそうな、リッツ品質。

さーてラナイに出てみましょう。もちろん、ラナイからのビューも素晴らしいです!27階ですもの!

そしてこちらはバスルーム。。バスタブもあるしハンドシャワーも・・・そしてブラインドを開けるとラナイの景色まで見える!

こちらは、お隣のスタジオルーム、お部屋番号は#2710-DT。

ベッドやソファーの向きが、先ほどのお部屋とちょうど対称的ですネ。

ベッドサイズは、先の2709のお部屋と同じ、キングサイズ。プラス、クイーンサイズのソファベッド。

そしてラナイからのビューがこちら!さっきのお部屋のビューとは、ちょっと見える方角が変わっているかしら?でもいずれにしても素晴らしいビューです。ラナイのチェアーでのんびりできるって最高!

こちらのお部屋のバスは、外は見えないようですね。
バスタブとハンドシャワーは健在。そして広さとアメニティも。

そして、スタジオルームでも、キッチンチェックです。

こちらも全て、新しくってピカピカです。冷蔵庫や洗濯機・乾燥機は、やはりMieleのものでした。3ベッドルームでもスタジオでも、ベッドやお風呂、家具をはじめ、キッチン設備等も全て同じ高品質のもので揃えられているのも、素晴らしいですよね。

食器類だってピカピカなのだ!

ナイフフォークもお洒落。そして、ワインオープナーやトングなども揃ってます。

そして、これらのお皿やグラス、ず~っとピカピカのままなんだと思います。だって、ホテル(The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beach)のハウスキーピングが磨き続けてくれるはずですもの。。もちろんお部屋もネ。

「リッツカールトンワイキキ」バケレンのスタジオルーム、「スタジオ」にしてはかな~り広めで約55㎡。ベッドルームとリビングは引き戸で仕切れるし、リビングのソファはクイーンサイズのソファベッドだし・・・マスターベッドはキングサイズだし・・で、個人的には1ベッドルームとしても十分使えるんじゃないかな?なんて思います。

ではお待ちかね(?)宿泊料金です;

3ベッドルームの1泊当りの料金は、$1,725~(税金・手数料別)。最低宿泊数は、なんと1泊から(!)。

ご紹介したスタジオルーム。ホテル(The Ritz-Carlton Residences, Waikiki Beach) では「スタジオ・グランドオーシャンビュー」と呼ばれているお部屋と同じ造りだそうです。1泊当り、$609~(税金、手数料別)。最大3人まで宿泊可。そして最低宿泊数はやっぱり、1泊(!)。

最低宿泊数、1泊からOK!ってとこに注目!です。だって、実は、コンドミニアムで最低1泊からって、なかなか無いんですよ。短期むけのコンドミニアムでもたいていは3泊から。だから1泊からOKってすごい!なんだか「リッツカールトンワイキキ」がぐっと身近になったかんじです!

以上、「リッツカールトンワイキキ」のバケーションレンタルの、3ベッドルームとスタジオのお部屋。いかがでしたか?

繰り返しになりますが、オーナーさんからお部屋をレンタルするバケーションレンタルでの利用であっても、フロントデスクはじめ、ハウスキーピング、コンシエルジュ等のホテルサービスや、プール、シアタールームなどのホテル設備は、全てホテル客同様に使えます。まさに、プレミアムなバケレンです~。

気になるかたは、ぜひLeaLeaバケーションレンタルのサイトでチェックしてみてくださいね!まだまだ素敵な写真もたくさんあります!

「リッツカールトンワイキキ」のバケレンのお部屋はこちら

お部屋選びで迷ったときは・・ハワイコンドミニアム人気ランキングはこちら

日本語で予約・滞在中も日本語サポート・LeaLeaトロリー7日間乗り放題パスもついてくる!LeaLeaバケーションレンタルはこちら

facebookでコメントする

Return Top