ハワイスクープ

ロイヤルパームドライブを見たい。サトウキビプランテーション時代の道。

ワヒアワのヤシの並木道へ連れて行って欲しい。という依頼をいただきました。依頼をくださったのはこのご夫婦です▼

ラブラブ古谷妻「ずっと昔の記事で見たんだけど、あの辺りは、サトウキビプランテーションがあった時代の、プランテーションマネージャーの家があったエリアなんですよね?」
おお、覚えていてくださってありがとうございます。この記事です▼
ワヒアワのヤシの並木道へThe Busで行けるのか?

ラブラブ古谷妻「そこまで案内してください!」
わかりました。行きましょう。っていうか、へなしゅんの方こそクルマに乗せてください。
ラブラブ古谷夫「運転はお任せください」

というわけで、9:39 ワイキキ出発!

そのヤシの木が並木になっている道の名前はロイヤルパームドライブ(Royal Palm Drive)と言います。ワヒアワの中心を走る Kamehameha Hwy と垂直に交わっている Kilani Ave の先にあります。

※前回の記事は TheBus での行き方をご紹介していましたが、今回はレンタカーで向かいます。なので行き方が少し違います。

さて、この日は曇りでした。
ラブラブ古谷妻「昨日はすごい雨でしたね」
前日、すんごい大雨やったのです。今日は大丈夫でしょうか?
ラブラブ古谷妻「わたし、雨女なのよね」
そ、そうですか。

ロイヤルパームドライブは、ワヒアワという町にあります。H2でワヒアワを目指します。

H2を北へ向かって走り、終点の直前にある8番出口「Wahiawa」で降りましょう。

ワヒアワの町の中、Kamehameha Hwy には、信号付き交差点が3つあります。H2の降り口からそのまま数えて3つ目の交差点を右折します。
ラブラブ古谷夫「そのガソリンスタンドがある交差点ですか?」
あ、そうです。Kilani Ave という道です。

後は、道なりに走って行けば….

たどり着きます。
ラブラブ古谷妻「やったー! ついたわ」
あれ? あ、ペアルックですやん! 気がつかなかった!

ん? ペアルックではない? なんなんや。ううむ、微妙な。まさにラブラブ!
ラブラブ古谷妻「当たり前でしょ!」
恐れ入ります。

以前の記事で紹介していますが、もう一度。いいかおりが教えてくれます。

いいかおり「答を与えてくれたのは、ワイパフにあるハワイプランテーションビレッジが紹介してくれた一市民、シャーリー・エレントです。彼女によると、この道路はもともと(たぶんドールの)プランテーションマネージャーの自宅へ続く道だったとのこと。

『当時、プランテーションのマネージャーたちの自宅までの道は、すべてこのようにヤシの木が続いていました。そのほうが彼らの家をより豪華に印象深く見せますからね』

シャーリーの話では、(ロイヤル・パーム・ドライブ先の)オリジナルのプランテーションマネージャーの家は、数年前に取り壊されたそうです」

ラブラブ古谷夫「せっかく来たから、上からこの道を見下ろしてみましょうよ」
いいですね。

というわけで、ヤシの木の並木道を通って坂道の上へ向かいます。

ロイヤルパームドライブ。

Royal 王室
Palm ヤシ

あ、もう一度いいかおり。

いいかおり「2011年・・・というと、もはや結構昔になっちゃってますが(時が経つのは早い~)、2011年には、老朽化が進んだヤシの木が何本か撤去され、新たに11本のダイオウヤシが、ホノルル市郡によって植えられたそうです。

ここのヤシの木は、歴史的、文化的価値があり、守られなくてはいけない木々として、ホノルル市郡によって登録されているそうです」

へえ。

ラブラブ古谷妻「何やってんのよ、あの人」
え? ラブラブちゃうんですか? ようわからんから聞かないでおきます。

このあたりは高度があるので、夜はけっこう冷えます。なので家の中には暖炉があったりします。暖炉は飾りじゃなくて、実際に使われています。

遠く、ワイアナエ山脈が見えています。
ラブラブ古谷妻「わたしが雨女だから、ごめんなさいね」
まあ、このあたりは雲に覆われることが多いんですけどね。

<取材日:2019年6月26日>

facebookでコメントする

Return Top