ハワイスクープ

アラモアナセンター目の前のパークレーンに、1ベッドルームがありました。

どうもどうも、へなしゅんです。アラモアナセンターの前にできた高級コンドミニアム、パークレーン。

ここのお部屋を見に行ったのは2017年12月9日のことです。2ベッドルーム、2.5バス、2台の車の入るシャッター付きの専用ガレージ付きというゴージャスなお部屋でした。1ベッドルームなんて部屋はないのかもなぁと思っていたら….

LeaLeaバケーションレンタルのスタッフから、「1ベッドルームのお部屋があるけど、見に行きますか?」という連絡をいただきました。行く行く!

この日は天気が悪かったのですが、パークレーンには関係ありません。どんな天気でもいい感じ!(へなしゅんの個人的意見ですいません)

この写真では分かりにくいですが、ロビーからは水平線が見えています。天気が良ければ上の写真の矢印のあたりに、くっきりと青い水平線を見ることができます。

今回見学させていただく部屋は、7階にある1ベッドルームです。

高級コンドミニアムの1ベッドルームってどんなんやろう?と思っていたら、やっぱり普通ではありませんでした。

玄関入ってすぐ右に、個室がありました。「デン」という空間やそうです。

そのデンへ向かう途中にランドリーが設置されています。さて、デンです。

テレビが置いてあるだけでなく、その向かいにソファまで置いてあります。そして、このソファですが….

ベッドになります! なんなんですか、この空間は!?

あ、いきなり、デンで驚いていてはいけません。先へ進みましょう。玄関入ってすぐ右にデンがありました。左にもドアがあり….

そこはバスルームとなっています。バスルームからは、そのままベッドルームへ行けるようになっています。

バスルームはこんな感じ。洗面台は2つ。その奥にシャワールームがあります。

シャワールームには、ちゃんとハンドシャワーがついています。でも、バスタブはありません。トイレもウォッシュレットが装備されています。

クイーンサイズのベッドが2つ。4人で寝ることができます。さきほど紹介させていただいたデンも含めて、最大5名で泊まることができます。さて、デンにも驚きましたが、このベッドルームにも普通じゃない空間があります。

横に、ウォークインクローゼットがあるのです。

このウォークインクローゼットも、ちょっとした空間になっていて….

衣類を収納できるようになっているのですが、空いた空間には、バスタオルやビーチタオルがぎっしりと入っていました。金庫もついてます。

では、リビングルームをご覧いただきましょう。ここだけで泊まれそうなほどの広さがあります。っていうか、1ベッドルームのお部屋ですが、なんと、室内面積は約90.3㎡もあるそうです。日本の標準的な3LDKマンションより広いかもしれません。

置いてあるものが全て大きいのでそんなに広く思えないかもしれませんが、この日、5人で取材へ行ったのに、同じ空間にいてもガラガラな感じでした。

ラナイへ出てみました。目の前の道路は、Piikoi St です。垂直に交わっているのが、Ala Moana Blvd で、その先の緑色の空間がアラモアナパークです。

真横は、最近増えた高層コンドミニアムがいっぱい並んでいます。夜景がキレイでしょうね。

では、キッチンをチェックしてみたいと思います。写っているのは、一緒に取材へ行ったLeaLeaスタッフです。彼女が写っていることで、キッチンの広さが分かると思います。左にレンジが写っていますが….

その横の扉を開けると、そこは冷蔵庫。

白壁は全て引き出しになっていて、どこを開けても調理器具がぎっしり入っています。

開けないと、新築の何もない部屋に見えるのに、なんとも不思議。

もちろん、食器も揃っています。ふらっとやってきて、すぐに滞在できる感じですね。

キッチンのシンクは部屋の中を向いた状態で設置されています。へなしゅんはへなちょこですが調理をします。リビングに背を向けて洗い物をするより、こっちの方が絶対いいですよね。そうそう、このシンクの横は….

ワインセラーになっています。

いや、この部屋、素晴らしいですね。宿泊は30泊以上なのでけっこう高いかと思いきや….

$10,020 ~ $12,000/30泊あたり

詳しくはこちらをご覧ください▼
パーク・レーン (Park Lane) #1702 – 憧れのラグジュアリーコンド!パーシャルオーシャンビュー、1ベッドルーム1バス+デン、フルキッチン、ウォシュレット、室内洗濯機・乾燥機、無料駐車場、無料バレエパーキング付。プール、サウナ、ラウンジなど最上級のアメニティー有。

パーク・レーンの他の部屋もご覧ください▼
パークレーン・アラモアナ

<取材日:2020年1月14日>

facebookでコメントする

Return Top