ハワイスクープ

「オアフ島へ行こう!」でご紹介したポイントをご案内させていただきました。

へなしゅんのファンだというご夫婦が訪ねてきてくださいました。

左/小松の親分 by 某テレビ局の親分クラス
右/姐御

小松の親分「今日はよろしくお願いします」
姐御「夫はへなしゅんさんに会えて緊張してるみたいです」
そんな、恐れ多いです。で、どちらへご案内させていただきましょう?
小松の親分「なんだか渋いところへ行きたいです」

いきなり渋いところへ向かうことにしました。それは….

アイエアハイツドライブがあるところ!
小松の親分「すごいキレイな林ですね」

小松の親分はデジカメを持って走っていってしまいました。テレビ局という仕事柄、ついつい体が動いてしまうんでしょうか。
姐御「夫はへなしゅんさんに会いたくてしょうがなかったから。興奮してるみたい」
こ、光栄です。

へなしゅんの「オアフ島へ行こう! 」27ページでも紹介させていただいていますが、ここには「ケアイヴァヘイアウ」という名前のヘイアウがあります。
小松の親分「ヘイアウですか」
日本の神社に似た原始宗教の参拝場所です。ハワイのヘイアウのほとんどは、後半になると生贄を捧げたりするようになるんですが、このケアイヴァヘイアウは、最後まで、生贄を捧げるような儀式は行われなかったそうです。
姐御「中には入っていいの?」
石がいっぱい並べられていたりすると思うんですけど、その石を踏まないようにしていただければ中を歩くことはできます。

2人は入っていかれました。このヘイアウについて、ハワイスクープでも取り上げさせていただいたことがあります。

勝手にオススメのヘイアウはココ(ケアイヴァ・ヘイアウ)、の巻

小松の親分「へなしゅんさんの新しい本はもちろん持ってます。できたら、そこに載ってないようなところも行ってみたいんですけど」
なんと。。。わかりました。

というわけで、コオラウ山脈を越えてカネオヘへ向かいました。
小松の親分「なんですか、ここは!?」
そこは、ホオマルヒア・ボタニカル・ガーデンという植物園みたいなところです。途中に人工の湖なんかがあり、ほとんどの人はそのあたりを散策したり、釣りを楽しんだりされるみたいです。が、へなしゅんはそこを通過し、もっと奥へ進みます。

すると、コオラウ山脈を目の前に眺めることができる広場に到着します。
小松の親分「うわっ。すごい。なんだここは!?」
姐御「ほんと、ここ最高〜」
ここへお連れしても、喜ばれる方と、あんまりな反応をされる方とに分かれるんです。小松の親分さんはどうかわからないから不安なんすけど…..
小松の親分「いやあ、ここはいいですよ!」

本当に喜んでいただいてるみたいです。良かった。雨上がりだと、滝がいっぱい見えたりするんですけど、今日は滝はできてないですね。すいません。
小松の親分「おお、雨上がりだと、あの山に滝ができるわけですね」

芝生の公園みたいなところを歩いて、2人は写真を撮りまくっておられました。これほど喜んでいただけると、へなしゅんも調子に乗ってしまいます。

夜のドライブとかは行かれたりします?
小松の親分「いや。夜は怖いから行かないよね」
姐御「はい。行かない」
よし決定! へなしゅんがご案内させていただくので行きましょう!

この日は一度会社へ戻らねばならなかったので撤収させていただきましたが….

別の日に夜のドライブへご案内することにしました。へなしゅんの「オアフ島へ行こう!」で紹介させていただいてる夜景ポイントです。

小松の親分「いやあ、嬉しいです」
姐御「夜景ポイントね!」
へなしゅんも最近はクルマの運転ができないので、ご案内するとかいいながら、連れてってもらわないと行けないわけです。へなしゅんも嬉しいのでありました。

というわけで….

47ページでご紹介させていただいている、キラキラドライブと….
小松の親分「すごいね」
姐御「こんなとこ来れない」
小松の親分「次回、挑戦しよう!」

夜のパールハーバーをご案内させていただきました。
小松の親分「感動だね。感動」
姐御「絶対来れないし」

というわけで、へなしゅんのファンだというご夫婦に喜んでいただけて、へなしゅんもとっても嬉しかったのでありました。

簡単ですが、場所の案内をつけておきます▼

<取材日:2020年1月14日>

facebookでコメントする

Return Top