ハワイスクープ

新型コロナウイルス(COVID-19) に打ち勝って、ネイバーアイランドへ行こう!

勝手に命名「新型コロナウイルス(COVID-19) に打ち勝って」シリーズ第3段!

今回は、ネイバーアイランド(他の島々)への旅を簡単に紹介させていただきます。ネイバーアイランドへのパッケージツアーは、LeaLeaのオプショナルツアーページで検索することができます。

コロナ騒ぎで、活用いただくのはまだ先の話になりますが、ネイバーアイランドへの旅がどんなものなのか、今回は他の島の空港をご紹介させていただきます。

ハワイ諸島には8つの島があります。そのうち観光業に力を入れているのは5つの島。

・カウアイ島
・オアフ島(ホノルル、ワイキキがある島)
・マウイ島
・ラナイ島
・ハワイ島

※ハワイ島には2つの空港があります。キングカメハメハホテルがあるカイルア・コナはコナ空港側。フラの祭典「メリーモナーク」があるヒロはヒロ空港です。

へなしゅんがハワイへ上陸した頃は、ハワイアン航空とアロハ航空の2社が飛んでいました。2008年にアロハ航空が倒産し、現在はハワイアン航空が独占してる感じです。ラナイ島へ飛行機を飛ばしていたアイランドエアーも2017年に倒産してしまいました。悲しいですね。

では、北の島から行きましょう。

カウアイ島リフエ空港

オアフ島ダニエルKイノウエ空港から飛行機で約40分

初めて行くと、やたらでっかいのでびっくりします。その昔、カウアイ島は、オアフ島の次に人気がある島でした。1992年、ハリケーン・イニキの直撃を受け、観光業はボロボロになってしまいます。以降、超ガラガラの島となったのですが、リフエ空港は大きいまま。何も知らずに行くと、このリフエ空港がやたら大きいので刺激を受けるかもしれません。

マウイ島カフルイ空港

オアフ島ダニエルKイノウエ空港から飛行機で約40分

ネイバーアイランドの空港で、もっとも賑やかな感じではないでしょうか。アメリカ本土からの飛行機がそのまま到着するせいか、アメリカ人観光客がめっちゃ多いです。ネイバーアイランドの空港の中で、一番異国感があるかも。

ラナイ島ラナイ空港

オアフ島ダニエルKイノウエ空港から飛行機で約35分

小さな飛行場です。で、昔は、アイランドエアーが小さな飛行機を飛ばしてたんですけど、倒産しちゃったから、今はハワイアン航空の機体が到着するみたいです。ほんまに小さな空港なので、それはそれで結構楽しいです。タクシーもバスもないから、ホテルのお迎えワゴンに乗せてもらわないと町まで行けません。

ハワイ島コナ空港 

オアフ島ダニエルKイノウエ空港から飛行機で約45分

何もない溶岩大地の中に、ドカーンと造られてる空港です。なので、結構飛行機は到着するんですが、なんと乗り降りはタラップを使います。ボーディング・ブリッジじゃないんです。大きな滑走路に歩いて降りるのは刺激的です。空港も小屋が並んでるような感じで、屋根がない空間がいっぱい。へなしゅんは、ここの空港が大好きです。

そうそう、このコナ空港へは、日本からの直行便が到着します。

ハワイ島ヒロ空港 

オアフ島ダニエルKイノウエ空港から飛行機で約45分

ヒロはハワイ州で2番目に人口が多い町です。なので、空港もでかい。ただ、観光に力を入れてないので、大きなホテルも数軒しかありません。ちなみに、へなしゅんはヒロハワイアン・ホテルが大好きです。

日本への直行便が出ているのはハワイ島コナ空港だけ。なので、ハワイ島コナから帰る場合以外は、基本的にホノルルへ一度戻って来ることになります。ネイバーからオアフ島へ帰って来るのはちょっと寂しいかもしれませんが、経験値をゲットしたような、パワーアップしたような、そんな不思議な気分になり…..なってたのは、へなしゅんだけか?

<編集日:2020年5月8日>

facebookでコメントする

Return Top