ハワイスクープ

新型コロナウイルス(COVID-19) に打ち勝って、バースストーンを眺めよう!

勝手に命名「新型コロナウイルス(COVID-19) に打ち勝って」シリーズ。今回はクカニロコ・バースストーンについて書いてみます。

クカニロコ・バースストーンは、オアフ島の中心、ワヒアワの町の北、何もない大地の中にあります。

偉い階級(アリイ階級というやつです)の奥さまたちが、これまた偉い階級の男性に見守られながら子供を生んだという場所で、その時に、乗っかった石というのがバースストーン。その上に乗ると、痛みが和らいだ、と言われています。

いつしか、観光客の間で、ここへ来ると赤ちゃんに恵まれる、なんていう噂ができていますが、そういう日本の神社とは存在が違います。

あと、他の島からも出産に来る人がいたらしい、なんて話を聞いたこともありますが、それも違います。他の島にもバースストーンはあります。

カウアイ島のバースストーンはカパアにあります。ポハク・ホオハナウ。カウアイ島最後の王カウムアリイもここで生まれたそうです。

マウイ島のバースストーンはラハイナにあります。海沿い、というか、バースストーンそのものは海の中にあるので、ちょっとびっくりします。

ハワイ島にはありません。なぜか、ということを正確に書き始めるとややこしいので簡潔に書きますと、

・8世紀/タヒチから王族がやってきた
・その王族がハワイ諸島を統括し始める
・その王族が、バースストーンの文化を持ち込んだようです
・11世紀/サモアからやってきた人間がハワイ島を支配する

サモアからやって来た支配者(カメハメハのルーツ)は、バースストーンは使わなかったみたいですね。もしくは、使えなかった、のかもしれません。探したらハワイ島にもバースストーンが残ってるかもしれません。情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

とにかく、王族の奥さんは、ここで18人の王族に見守られながら赤ちゃんを産みました。どうして見守られながらなのか。その昔、ツアーのガイドさんが教えてくれたのは、ハワイアンは文字を持っていなかったから、ちゃんと確認するためには、産まれてくるところを肉眼で見るしかなかった、というもの。

ああ、そうなんや、と思いましたが、そんなにたくさんの男たちに見られて出産なんて、なんとも。

さて、このバースストーンですが、

かつては、バースストーンの前まで行くことができました。が、やってくる人たちの行動が、あまりにも礼儀知らずなため….
(かつては位の高い人しか近づけない場所でしたから)

ちなみに、バースストーンはヘイアウとはちょっと違う存在です。ですが、最低限守った方がいいことを書いておきます。

・近づく時は静かに/騒がないだけでなく、スマホで話をしたりするのも控えましょう
・石の上に立たない/敷地内の石の上に乗ってはいけません。小さな石も踏まないよう気をつけましょう

数年前から、石には近づけないようになってしまいました。が、それでも効果は今ひとつやったみたいで、最近はこの場所へ近づくこともできなくなった、と聞いています。もし、近くまで行くことができたら、恥ずかしくない行動を。ハワイアンの人たちに、近づいて欲しくない!と思われないようにしましょう。

そんなわけで、今回の記事のタイトルは、「眺めよう」とさせていただきました。

そうそう、昔はとても寂しい感じの場所でしたが、最近は、学校の子どもたちが集まって来ているのをよく見かけるようになりました。ここでハワイ文化について伝えるような授業が行われているようです。

もうひとつ。ハワイ諸島を統一したカメハメハ1世は、ハワイ島出身です。なので、バースストーンでは産まれていません。オアフ島を制圧した後、ここで跡継ぎを産ませようとしますが、これは断られてしまっています。

・カメハメハ1世は、バースストーンを使える位ではなかった

タヒチからやってきた王族の子孫だけが使える場所やったそうです。カメハメハ1世は、しきたりを重んじる人でした。ハワイを統一した王になっていたのに、ダメと言われて従っています。無関係な場所になってしまったため、カメハメハの歴史に、このバースストーンは登場しません。

事前学習すると、いろんなことに興味が出て来ると思います。何気ない風景が歴史や文化を感じるものになったりして。

▲ハワイ大学の学生さんが、クカニロコ・バースストーンについて、写真付きでレポートしています。英語ですけど、石の写真が大きく掲載されていて、事前学習にいいと思います。

※バースストーンに関しては諸説あります。いろいろ事前学習してみてください。

<編集日:2020年5月29日>

Kukaniloko Birth Stones(クカニロコ・バース・ストーン)
  • 住所Kamehameha Hwy, Wahiawa, HI

facebookでコメントする

Return Top