ハワイスクープ

未来旅行2021について/ハワイ旅行するために

どうもどうも、へなしゅんです。世の中いろいろありますが、もうクリスマス。ワイキキもクリスマスイルミネーションで彩られ始めています。え? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ハワイは、11月6日より事前検査プログラムなるものが始まり、ハワイ到着時の陰性証明で14日間隔離が免除されるようになっています。つまり、陰性証明があれば、例えば3泊5日のハワイ旅行も可能になっているのです。

・出発前72時間以内に検査を受ける
・ハワイ到着時に陰性結果を証明することで、ハワイ到着後の14日間隔離無しで行ける

事前検査プログラムとは何か、ハワイ観光局のサイトを見てみましょう▼
ハワイ旅行のプロセス/https://www.allhawaii.jp/
▲上のイラスト表では、出発前にハワイへ出発する(2)というのがあります。以前は、陰性結果がハワイ到着時に証明できなくても、陰性結果が出るまでの自己隔離義務となっていましたが、現在は、到着時に陰性結果が証明できない場合は、14日間隔離が必要となっています。

で、実際のところどうなのか! ちょっと書いてみます。

・HISのハワイ行きのパッケージツアーは現在1月15日までツアーキャンセルとなっています。
・年末年始はハワイアン航空、日本航空、全日空がハワイ便を増便しています。
(ハワイアン航空は12/21~1/31の期間、東京発が毎日運航します)
※詳しくはLeaLeaWEBをご覧ください。
・HISでは、航空券&ホテルの手配旅行プラン「出発アシストプラン」を発表しています。
(年末年始~1月のステイも可能)
・コロナ禍における外的要因で旅行がキャンセルになっても取消料が免除になります。
・ハワイ滞在中も、HISハワイ支店が24時間サポートしています。

そんなわけで、新しくなったHISのWEBサイトにも、その「出発アシストプラン」が掲載されています。ホノルル(オアフ島)5日間▼

出発アシストプラン概要
※出発アシストプラン(航空券+ホテルの手配旅行)
『出発アシストプラン』は手配完了後もご出発までに渡航に必要なお手続きに対してご案内し、お客様をサポートします。

さらに、コロナ禍における緊急事態等で入国条件の変更やフライトキャンセルといった外的要因の影響によりお取消料が発生したとしてもお客様からお取消料は収受いたしません。また、取扱料金(手配手数料)も収受しません。

・さらに「出発アシストプラン」では、ホテル特典も有り▼

例えば▼
シェラトン・ワイキキとヒルトン・ハワイアン・ビレッジ指定プランでは、下記のような「マハロ」な気持ちが表れたおもてなしもご用意しています。
・追加代金なしで、部屋指定なしから海の見えるお部屋にアップグレード可能です。
・ご到着後、すぐにお部屋をご利用いただけます。
・チェックアウト日はご出発までお部屋をご利用いただけます。

ハワイが戻ってきた!って感じでしょうか。でも、ハワイでの隔離はなくなっていますが、日本に帰国後の14日間隔離は必須のままです。これを忘れてはいけません。

facebookでコメントする

Return Top