ハワイスクープ

こんなご時世、日本でハワイを! アロハテーブル湘南へ行ってきた。

どうもどうも、へなしゅんです。気軽にハワイ旅行へ行ける日は、なかなか戻ってきません。で、日本でハワイな気分になれる場所はないものか、と、いろいろ探した結果…..情報をいただきました。江ノ島にハワイなお店があるというのです。さっそく行ってきました。江ノ島といえば、人気バンドの歌なんかによく登場する地名です。

横浜から南、三浦半島よりも西にあるサーファーにはお馴染みの聖地です。今回ご紹介させていただく「アロハテーブル湘南」は、その江ノ島の真正面にあります。

海岸線を走る国道134号線沿いにあるんですけど….

色のせいか、なんだか独特の雰囲気を持っているお店です。この段階ではハワイっぽいかどうかはまだ分かりませんが、目につくのは確かです。

Aloha Table アロハテーブル 湘南江ノ島
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目17-17

ちなみに、ハワイのアロハテーブルはワイキキ・ショッピング・プラザの裏手にあります。隠れ家的存在のステキなお店(この建物の2階がアロハテーブルです)

※少し昔の写真なのでみなさんマスクはしておられません。

地元出身の有田店長にお店を案内していただきました。お、サーファーですか?
有田店長「あ、実は違います」
正直にありがとうございます。でも、シャカサインはご存知なんですね。

※せっかくなのでマスク外して写真を撮らせていただきました。

ちなみに、お店の横には、テイクアウトの窓口もありました。

一歩中へ入ると、そこにはハワイの埠頭近くのお店みたいなステキな空間がありました。
有田店長「この時間はけっこう空いてるので、ゆっくり中をご覧いただけると思います」
へなしゅんは、外から見ていて、2階がとても気になっていました。この時間、2階は営業していますか? あの階段上がってもいいんでしょうか?
有田店長「営業していますよ。どうぞ、どうぞ」

※へなしゅんがお邪魔したのは15:00です。

壁にはいろんな絵が飾られています。あとで聞いてみようと思います。

2階には広々としたなんとも開放的な空間がありました。ハワイのアロハテーブルみたい。いや、湘南の方が開放的か?

さてさて、へなしゅんは、取材しながら、日本でハワイな気分になれるかどうかをチェックする記事にしよう、と思い始めていました。へなしゅんのまったく勝手なチェックです。やらせていただきます。同意できなかったら、鼻息を荒くしてくださって構いません。

では、へなしゅんの勝手にハワイチェック、スタート!

1/海が見える。ヤシの木が見える。

これはたまりません。海だけではなく、ヤシの木も見えています。夕方になると、日によっては空が真っ赤になったりするみたいです。この開放的なラナイっぽい空間もたまりません。へなしゅんは気に入ってしまいました。

2/天井が高い。ハワイのお店を思い出す。

ハワイのアロハテーブルも、アロハテーブルの姉妹店である、「Heavenly」も「GOOFY Cafe & Dine」も、似たような開放感があるお店なんですよね。

と、壁に妙な吹き出しパネルがたくさん並んでいるのを発見しました。これは何ですか? アルバイトスタッフさんが教えてくれました。
アロハなスタッフ「インスタ写真とか撮る時に使っていただいてます」
なるほど。

お店についていろいろお話をお伺いすることにしました。テーブルに着いたら、自家製レモネード(税込583円)をご馳走になってしまいました。このクソ暑い時期に最高のドリンクです。めっちゃ美味かった。美味しかったんですけど、へなしゅんの勝手にハワイチェックにはカウントしません。なぜなら、次がすごいから。

3/めっちゃ美味いフライド・グリーントマト(税込605円)

みなさん、フライド・グリーントマトってご存知でしょうか。まだ青いトマトをフライにしてる食べ物で南部料理なんですけど、ハワイのファーマーズマーケットなんかで売られているのでハワイ好きの間では有名です。取材で何度も食べていますが、ぶっちゃけ、へなしゅんはそんなに美味しいとは思っていませんでした。が……

アロハテーブルのフライド・グリーントマトは美味かった! グリーントマトが野菜の甘さを持っているのです。まったく個人的な感想ですが、へなしゅんは、アロハテーブルのフライド・グリーントマトならまた食いたい!

4/飾られている絵が地元アーティストのもの。

ハワイには、Pow!Wow! Hawaii! というウォールアートがあります。あれ、地元アーティストもたくさん描いているんですよね。規模は違いますが、アロハテーブル湘南の店内に飾られているのは、全部地元アーティストの作品なんやそうです。

全部は紹介できないんですけど、ほんまにいっぱいあります。なんでそれがハワイっぽいねん!と叱られそうですが、へなしゅんはハワイのウォールアートを思い出して、ハワイを感じてしまいました。

5/サーフボードを立てかけておくスペースがある!

アロハテーブル湘南の目の前は国道134号線です。そして、それを越えるとそこは「片瀬西浜・鵠沼海水浴場」です。ほんまに海が目の前なのです。この日も、サーフボードを引っ掛けて自転車をこいでるおっさんを数人見かけました。この日、実際に立てかけてあるサーフボードはひとつだけでしたが、6本くらいは大丈夫そうでした。

最後に、スタッフのハワイ度はどれくらいなのか、Masaさんに取材させていただきました。

Masa「ハワイへ留学中に、HeavenlyGOOFY Cafe & Dine、アロハテーブルへ食べに行き、魅力を感じてしまいました。この3つは日本のお店なのに、ローカルの人たちもいっぱい来ていて、すごく魅力を感じたんです。ここで働きたいと思いました」
でも、留学中やったら働けないですよね?
Masa「はい。なので、帰国してから日本のアロハテーブルへ就職しました。いつかハワイへ派遣してもらおうと思って」
残念ながら、Masaさんはまだハワイへは行けていませんが、すっかりアロハテーブルに魅せられて、楽しそうに仕事をされてました。ちなみにMasaさんはサーファーです。もっといろいろお話を聞かせていただいたんですけど、この記事の主旨は「へなしゅんの勝手にハワイチェック」なので、これくらいにさせていただきます。

というわけで、アロハテーブル湘南はハワイを感じることができるお店でした。

ハワイの話がしたくなったら、スタッフさんに声をかけてみるのもいいかもしれません。みなさん気さくな感じで、ハワイっぽさを感じられるかもしれません。
おまけアロハテーブル湘南は、社内有志をつのり、月に1回営業前(9:00~10:00)にビーチクリーン活動というものを行っています。ビーチのゴミを拾うなど、湘南の海岸線をキレイにするためにがんばっています。

<取材日:2021年9月7日>

facebookでコメントする

Return Top